結婚式二次会の幹事代行[二次会サポーターズ] 東京・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬 1都6県対応

実際に結婚式二次会サポーターズで結婚式二次会を開催した新郎新婦様のパーティーレポートや結婚式二次会のお得情報を随時紹介していきます。

結婚式二次会幹事コラム

結婚式二次会の幹事を断られた…その理由は?依頼するにはどうしたら良い?

投稿日:2018年9月23日 更新日:

結婚式の二次会を行うにあたり、まず必要なのは幹事の存在です。
その幹事の選び方については、過去にご紹介させて頂きましたが、断られてしまう場合もあります。

断られた理由にはどんなものがあるのでしょうか。

また、なるべく断られないために、お願いするコツはあるのでしょうか。
先輩カップルの事例を参考にご紹介致します。

 

結婚式二次会の幹事を頼まれたけど断った理由

結婚式には出席するけど二次会の幹事は受けられないパターン

結婚式に出席してくれることが事前にわかっていれば、当日の予定は大丈夫そうなのでお願いできるかな、と思ってしまいますが、それでも受けられない理由がいくつかあるようです。

仕事が忙しい

仕事が忙しくて準備する時間がない、という理由です。
時期によっては繁忙期で毎日残業続きで、準備に割く時間や余裕が無い、という方もいるようです。無理に頼んで、中途半端な会になってしまうのもお互い気持ち良くないですよね。幹事を丸ごと受けるのが難しくても、もし、手伝えることがあれば…と好意的に受け止めてくれるようであれば、受付など当日だけ参加できるような内容で少しお手伝いをお願いすることはできるかもしれません。

人前に出ることが苦手

こちらは、仕事が忙しいわけでもなく、当日も出席するが、人前に出たくないから幹事ができない、というパターンです。

ただでさえ、人前に出るのは苦手という方は多いですよね。仕事で人前に出ることはあっても、共通の友人や知り合いが大勢いる前に出るのは無理、という方もいらっしゃるようです。新郎新婦のどちらとも親しければまだしも、新郎・新婦どちらかとは会ったことも無いのに頼まれると、より緊張してしまいます。
もし裏方の仕事なら出来る、というようであれば、メインの幹事が決まった後でサブの幹事として、二次会の会場探しや、当日の会場準備などをお手伝いしてもらえないか聞くことはできるかもしれません。

他の幹事を引き受けている

お日柄の良い時期にありがちなのが、他に招待されている結婚式や披露宴の日時が同じ、ということです。
また、近い時期に共通の友人が連続で結婚式をすることも珍しいことではありません。そのため、別の友人の幹事を既に引き受けているため、お受けできないというパターンです。

既に忙しそうなのでお願いするのは難しそうですが、どうしてもということであれば、こちらも当日にお手伝いできることだけ参加してもらえないか聞いてみてはいかがでしょうか。

結婚式・披露宴に欠席するパターンで断る理由

結婚式にも披露宴にも出席しないけど、二次会には出席するというゲストもいます。披露宴から二次会会場までの移動がないので、披露宴が押しても時間に影響されず準備できるので、二次会から参加する友人にお願いしたいという新郎新婦も少なくありません。その際にも、幹事を受けられない方の理由はあります。

仕事の都合で二次会だけ出席する

二次会には出席するけど、その方が1日ずっと空いているとは限りません。結婚式・披露宴にも出席したいけど、仕事の都合で二次会だけしか出られないという方もいらっしゃいます。二次会用の荷物の運搬や会場の準備など、仕事先から駆けつけて取り掛かるには負担が大きいですよね。断られても、忙しいのに合間をぬって二次会に来てくれるということですので感謝の気持ちを伝えられると良いでしょう。

 

二次会の幹事をお願いする時に気を付けることは?

どの方にも事情はありますので、「絶対断られない方法」なんてものは存在しないのですが、気持ち良く受けてもらうためのコツはいくつかあります。最後に二次会幹事の依頼方法についてご紹介します。

依頼する人の予定を考えて早めにお願いする

礼儀として当たり前のことではありますが、「急だけどお願い!」と突然お願いされても困ってしまいます。急遽二次会が決まって日が近いケースもありますが、その際は二次会の会場は自分で手配しておく等、全ての仕事を丸投げにせず、事前に自分で出来ることを済ませてから幹事を依頼しましょう。
二次会の幹事は手間が掛かるので、友人をお祝いする気持ちがあっても、仕事が忙しい時期は正直簡単には受けづらいものです。依頼する際には、その方のスケジュールを気遣う一言を添えてからお願いすると良いでしょう。

顔合わせ食事会で打ち合わせする

これは幹事を引き受けてくれたことが前提になるのですが、新郎・新婦それぞれの友人に幹事を依頼する際にオススメの方法です。双方の幹事に面識が無い場合、事前に食事会を持つと親睦が深められるので進めやすくなります。また、新郎・新婦が事前にそれぞれの適正や希望、スケジュールの都合などを聞いておき、あらかじめ担当を決めておくと良いでしょう。忙しくて準備に関われない人には当日の仕事を、比較的動ける人には事前準備をお願いするなど、食事会の席で仕事の分担が出来ると、その先何をすれば良いか分かりスムーズに動けます。

お礼は必ずすること

親しき中にも礼儀あり、ということで、幹事を引き受けてくれた友人には必ずお礼をするようにしましょう。
お礼の方法は、二次会の会費を無料にするほか、現金や金券をお渡しする、後日に幹事を集めて食事会をする、レストランを予約する、などがあります。
新郎新婦と幹事の間柄にもよりますが、5,000円〜10,000円程度が多いようです。受け取りにくいと感じさせないものや、負担を掛けない方法でお礼をしましょう。

お互い気持ち良く話せるように

メインで任せられるのが難しくても、サブのアドバイザー的な存在としての幹事であれば大丈夫、と受けてくれる方もいらっしゃいます。幹事は1人では難しいので何人かにお願いした方が良いのですが、その中の1人としてあまり負担にならない仕事を担当してもらうなら良いかもしれません。お願いする方も、断る方も気を使ってしまいますが、
どこまで平気かお互いに摺り合わせて気持ち良く話せるように心掛けましょう。

 

友人に幹事をお願いするのは難しそう、と思った新郎新婦様へ

  • 友人や同僚に幹事に仕事を任せるのが申し訳ない
  • 幹事経験のある友人がいない
  • 幹事達と時間が合わずなかなか集まれない
  • 二次会まであまり時間が無い
  • 幹事をお願いすることに気が引ける
  • 二次会にあまり予算を掛けられない
  • ゲストには全員参加で楽しんで欲しい

以上のどれか一つでも該当する部分があるようでしたら、結婚式二次会の幹事代行に任せるのも一つの方法です。

【お問い合わせ窓口はこちら】

【二次会サポーターズ】

東京中心に関東1都6県対応可。

今ならドレス&タキシード無料 カメラマン付

専属カメラマン無料配置 · 自己負担0円 ·レンタルドレス無料 · 最寄駅まで出張無料相談可

★こちらの記事もおすすめ

→【結婚式二次会の幹事は誰にお願いする?その選び方は?

-結婚式二次会幹事コラム
-, , ,

執筆者:

関連記事

結婚式二次会での服装マナーは?どんな格好をしたら良いの?≪男性編≫

結婚式の二次会に招待されたら、何を着て行くか考えますよね。 男性の場合は、スーツを選ぶ方が殆どだと思います。普段仕事でスーツを着る方でも、シャツやネクタイをいつもと違うものに変えることでオシャレを楽し …

結婚式二次会の幹事が行うスケジュールは?当日の進行って?

結婚式二次会の幹事を任されたら、何か月も前から準備をすることになりますが、もちろん当日も仕事があります。当日はどのような進行をするのか、トラブルが起こっても対応できるよう、あらかじめやる事と時間を進行 …

結婚式二次会の招待状を出す時期はいつが良い?またその内容は?

結婚式の招待状を出すタイミングで良いのは、一般的に結婚式の3~2ヶ月前といわれています。 郵送された招待状を受け取り、返信はがきをポストに投函した経験のある方には、結婚式の招待状は馴染みあるものだと思 …

結婚式二次会幹事代行の評判・口コミ(エリア恵比寿・80名)竹内様

竹内様 ご夫妻 エリア:恵比寿 ゲスト人数:80名 「二次会サポーターズ」の結婚式二次会の幹事代行サービスについての感想 二次会でやりたいことが全て叶いました! 二次会サポーターズ担当者様先日は大変お …

結婚式二次会の幹事の仕事で大変だったことは?

結婚式の二次会を行う時に必ず必要なのが幹事です。幹事は新郎新婦の友人が行うことが多いようですが、お友達から立候補される場合と、新郎新婦からお願いする場合とがあるようです。幹事が決まったら一安心ですが、 …

いいね!を押して最新情報をGET!!